MENU

薄毛・育毛とホルモンのバランス

 

薄毛・育毛にはホルモンバランスが影響しているといわれていますがご存知ですか?女性の薄毛・育毛の悩みが始まる時期というのは個人差もあり原因によってもいろいろですが、その一つに更年期があります。更年期の状態というのはホルモンバランスが崩れてしまいやすい時期といわれていますから薄毛・育毛の悩みが始まりやすい状況であるといわれているのです。
ホルモンのバランスが崩れることによって薄毛・育毛の悩みにつながるといわれていますが、男性ホルモンが大量に分泌されると薄毛・育毛しない状況になるといわれています。それは同時に女性ホルモンが減少することにも関連していると言ってもいいと思います。女性ホルモンが減少してしまう時期、つまりやはり女性にとっては更年期がホルモンのバランスが崩れやすい時期ですから薄毛・育毛しない状況になりやすいと言ってもいい状況になるのではないでしょうか。
薄毛・育毛しないことの原因がホルモンのバランスによるものであった場合には、ホルモンバランスを整えたり、男性ホルモンの量を抑えるような薬などが処方されますから、薄毛・育毛しないことは仕方のないことだと思って諦めたり、老化や加齢だからしょうがないと諦めるのではなくて、専門家に見てもらうことで薄毛・育毛しない原因がホルモンにあるとわかれば十分治療方法はあるのであきらめないでもらいたいですね。ホルモンが原因の薄毛・育毛しない状況には女性の方が多くなりやすいといわれています。

育毛、薄毛対策での、亜鉛と柑橘類の関係

育毛、薄毛には、いろいろな育毛剤が販売されていますが、肌に優しいものといえば、やはり、天然素材のものになります。

 

 

従来から多くの育毛、薄毛の薬に使用されてきた「センブリ」や「ニンジン」「グリチルリチン酸」に加え、「ミカン」「イヨカン」「甘夏柑」の3種類の果皮エキスを保湿剤として配合し た製品が最近は人気です。男性と比較して、頭皮が弱いとされる女性でも安心して使えます。

 

 

以前から、柑橘類の皮には育毛、薄毛に効果のある成分が含まれているといわれていました。あるところの研究で、イヨカンなど柑橘類の皮の部分に発毛のメカニズムをになっている毛乳頭細胞という細胞を増殖したり促進させたりする数種のアミノ酸を含んだたんぱく質(ペプチド)が発見されています。

 

 

育毛、薄毛には、栄養分として、亜鉛も必要不可欠といわれています。髪の毛はケラチンというたんぱく質でできています。亜鉛がないとたんぱく質が合成できないので、抜け毛が増え、新たな髪が生えてこないという髪のトラブルが発生します。亜鉛は食事でとるたんぱく質を骨や筋肉、髪の毛や臓器の組織に変えるために絶対不可欠なものです。育毛、薄毛にも必ず必要な要素というわけですね。

 

 

ここでポイントとなるのは、亜鉛を効率よく吸収するために必要なものは、ビタミンCとクエン酸です。ということは、レモンやすだちなどのかんきつ類をかけて生で食べるのが一番吸収率が高いということです。育毛、薄毛には、亜鉛の栄養素と柑橘系の関係がポイントなわけです。

育毛トニックの薄毛に効果的な使用

育毛、薄毛といえば、まず、やはり育毛トニックを思い浮かべます。最近は実に多くの育毛、薄毛のためのトニックが市場に出回っています。しかし、育毛トニックを塗布すれば、即、育毛、薄毛によい効果がある、というわけではありません。

 

大切なのは入浴の際、マッサージを兼ねたシャンプーやすすぎをしっかりと行う事で頭皮の血行をよくするという事が大切なのです。すすぎがおろそかだと、シャンプーのすすぎ残し等が頭皮の毛穴に残ります。これが邪魔になって育毛トニックの効果は半減してしまいます。

 

また、自分の頭皮にあった育毛トニックを使うのが一番効果的なのです。
また、風呂上りに育毛剤をつけるのなら、すぐにドライヤーで乾かさずに、タオルドライで頭に浸透させてから軽くドライヤーしたほうが育毛、薄毛により効果的になります。

 

 

自分の育毛、薄毛の症状に合った薬を使うことが第一ですが、アレルギーや副作用の経験がある人は使用を避けること、副作用が疑われる時は、速やかに専門家に相談すること、症状によっては、薬に頼らず受診すること、などを守らなければいけません。

 

 

きちんと朝晩育毛トニックをつけることよりも、きれいな頭皮のときに、育毛トニックを使う方が、育毛、薄毛のためのよりよい使い方だと言えるのは当然のことでしょう。高価な育毛トニックだと、つける時はなるべく浸透しやすい時に効率的に使った方が経済的でもあるのは間違いありません。